眉月的雑感綴

フルセットまでいったなら

前回の続きでお気楽なエロネタをやるつもりでいましたが、緊急で書きたいことが2つ発生したので、急遽予定を変更することに。一つ目は、すったもんだの挙句に使用中止になってしまった、「元」東京五輪エンブレムのお話です。

パクリ疑惑でネット界隈ではとんでもないことになってますが、パクリ云々以前に、自分は、このエンブレムを見た瞬間、「こんなデザインのものを使うなんてとんでもない」と感じました。下の図は、例の東京オリンピック、東京パラリンピックのエンブレムを交互にして横に2つずつ並べたもの。こんな風に横並びにされて使うことは、モノがモノだけに、容易に想像できるわけですが、これ、自分の感覚だと「鯨幕」にしか見えないんですよね。多くの日本人の方も、そういう印象を持たれるんじゃないでしょうか。

korewadame01

デザイナーのS氏や、このデザインを最終決定した組織委員会の選考員の皆さんは、東京五輪を「葬式」に見立てたがっている、そういう「明確な悪意」が感じられます。正直申し上げて、この方々には、東京五輪に今後一切関わっていただきたくないですね。東京五輪を成功させるために、関連する一切の職務から、即刻、全員を締め出すべきでしょう。

ついでに言うと、東京五輪ボランティア制服も「醜悪の一言」という印象で、おまけに「李氏朝鮮王宮守衛衣装の丸パクリ」としか考えられないようなシロモノ(詳しくは「東京五輪 ボランティア制服 李氏朝鮮」で検索してみてください)。何でこんなデザインを採用しなきゃいかんのか。こいつも即刻お蔵入りにすべき、ちうか、東京都民、日本国民の力で潰しましょう。

・・・・ と怒りを爆発させたところで緊急ネタの二つ目、女子バリボーワールドカップの話。

昨日のセルビア戦の敗戦は、すんごく残念。フルセットに持ち込めたことだし、ここは根性で乗り切って欲しかったなぁ。と言うのは、もちろん、この試合単体のこともあるけど、実は、この試合の最終セットを取るか取られるかで、最終的な日本の「リオデジャネイロ五輪出場権獲得」に結構大きく影響するような気がするからなんですね。

まず、昨日の試合を終えた時点での、上位5チームの成績を確認しておきましょう。順位を決める優先順位は、勝利数、勝ち点、セット率の順番(従来は、「勝ち点が勝利数に優先」だったが、今年5月のfivbのルール改訂で、「勝利数が勝ち点に優先」に変更された)。そして、この大会でリオ五輪出場が決まるのは上位2チームのみです。

 アメリカ  7勝1敗  勝ち点22 残り試合:ロシア - 日本 - ドミニカ
 ロシア   7勝1敗  勝ち点21 残り試合:アメリカ - 中国 - アルジェリア
 中国    7勝1敗  勝ち点21 残り試合:ドミニカ - ロシア - 日本
 セルビア  7勝1敗  勝ち点18 残り試合:キューバ - ケニア - アルゼンチン
 日本    6勝2敗  勝ち点19 残り試合:アルジェリア - アメリカ - 中国

現在4位のセルビアに注目すると、順位下位のチームの対戦しか残ってないので、最終的に10勝1敗の勝ち点27で全日程を終える可能性が非常に高い。つまり、この時点で、日本がセルビアを上回ることができないことがほぼ確定してます。で、現段階でセルビアよりも上にいる3位までのチームすべてが、(若干贔屓目に見て日本も仲間に加えると)「難敵」つまり「簡単には勝てない相手」との対戦を2試合残していて、「一つでも負けて2敗になったら、その時点で今大会での五輪出場権獲得はほぼアウト」という状況。まず、明後日4日の「アメリカ×ロシア」で負けた方がほぼ脱落。中国も、ドミニカ、ロシア、日本に3連勝することが、この大会での五輪出場権獲得の絶対条件です(日本も、残り3試合を勝ち点3で全部勝てば、上位3チームの成績次第で2位になるチャンスが残ってるっちゃあ残ってるけど、そこまで現実は甘くないでしょう)。

でもって、「日本の最終的な五輪出場権獲得」を考えると、「中国が2位以内に残れるか」が非常に重要になってくる。中国が2位以内に入って、この大会で五輪出場権を得れば、アジア大陸予選(兼世界最終予選。来年5月14日からの東京開催が決定済み)から中国が外れますが、中国が3位以下に落ちると、中国もアジア大陸予選回りになる。アジア予選に中国も加わって、アジア大陸枠を日本、中国、韓国、タイあたり、世界最終予選枠をアジアのライバルたちとヨーロッパ組とで争うことになります(これはドミニカにとっても同じことが言える、というか、日本以上に重大なポイントで、アメリカがこの大会で五輪出場権を取れるか否かで、ドミニカが最終的に五輪に出られる可能性が大きく変わる)。

うーん、中国がドミニカとロシアをきっちり叩いて生き残り、最終日最終試合の「日本×中国」が、「中国が勝てば2位で五輪出場権獲得となり大陸予選免除。日本が勝ったら中国が3位以下に落ちて、中国を巻き込んで大陸予選兼世界最終戦へ。少しでも日本の五輪出場の可能性を上げるには、この試合に負けた方が絶対にお得!」なんてオチになるような気がするんですよ。何となくですけどね。

さて、日本代表チームの戦力を分析すると、フジの中継では新戦力として古賀選手を大きく取り上げていますが、日本代表チームにとって一番大きいのは大竹選手の成長じゃないでしょうか。実際、センター線でアタックもブロックもそれなりに機能してますし、面構えがすごく良くなった(個人的には、将来の日本代表の主将候補だと思ってます)。長岡選手のサーブが安定してきたのも、見逃せない収穫だと思います。

・・・・ と、どうしても、女子バリボーの話になると、長くなっちゃうわけですが、実は、書きたいことはまだまだあったりするんで、多分、ワールドカップ終了後に、もっぺん「眉月スポーツ」カテゴリで記事を起こすことになると思います。
  1. 2015/09/02(水) 21:21:08|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<巨乳爆乳の世界は無限なり | ホーム | すごく納得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/946-8f1f6a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する