眉月的雑感綴

俺ですら萌死するかとオモタ

うーん、スコットランド戦も惜しいとこまで行ったのになー。スコアだけ見ると、10-45で大差の負けに見えるけど、10-17ぐらいまでは、どっちに転がってもおかしくない状態だったものの、後半12分のPG失敗(ただの「失敗」ならドロップアウトになったけど、ボールがポストに当たってフェアキャッチされ、即キックで大きく陣地を挽回されたのが痛かった)あたりから少しずつおかしくなり始めた、そんな印象です。次の試合は10月3日、現在日本よりもIRBランキングが1コ上のサモア戦。少し間が空くことですし、しっかりチームを立て直して臨んで欲しいです。

・・・・ と、ラグビーW杯がこれから佳境に差し掛かっていく一方で、W杯男子バリボーが終わりました。いやぁ~、楽しめましたね。ホンマに、始まる前は11戦全敗まであるかも知れないと思ってたのに、終わってみれば5勝。まぁ、若干出来過ぎっぽい感はありますけど、負けた試合も、「どうにもならないまま奪われたセット」が割と少なくて、かなりいいセン行ってたように思います(柳田選手の弾丸サーブで萌死しちゃった女子が山ほど出たような気がする。あの破壊力はヤバイ)。

ところで、今回のW杯を見てて、自分の認識が大きく変わったことが二つある。一つは、前にここにも書きましたが、「アタックサーブのオーバーアウトはダメ」からの「ネットインの効用を重く見る」で、これは間違ってたような気がします。今回のW杯では、ネットインしたアタック系サーブを、かなりの回数見たように記憶してますが、「ネット際にポトリと落ちる or 軌道が変わったことでキャッチが乱れる」のではなく、「威力が落ちることでイージーキャッチされてしまう」ケースがすごく多いように感じられたんですね。

但し、日本代表チームのアタックサーバー陣のように、比較的低い打点から打たれたアタックサーブの着地点が相手コートのエンドラインを超えると、(打球の勢いやコースの違いで)見切られてしまう確率が高いような気がする。なので、「オーバーアウトするぐらいなら強くヒットしてネットに掛けた方がマシ」に関してはそのままイキです。加えて、「人と人の間に打つ技術」のレベルアップも必要かな。

サーブの話が出たので、ついでに書いておくと、ジャンプフローターを多用するセンター陣は、もっと「打球のスピードを上げる」べきじゃないかと思うんですよね。これは、ロシア戦を見てて強く感じたんですが、狙いを正確にするために「小さくジャンプして緩いサーブを打つ」よりも、「大きくジャンプして高い位置から速い打球のフローターサーブを打つ」方が、効果率は上がる気がする。とにかく、サーブキャッチを崩して相手のセンター攻撃を封じることは、センターラインに不安を抱える日本代表にとっては死活問題なので、ここは真剣に取り組んでいただきたい。同時に、サーブキャッチの精度を上げることも重要課題ですね(ここいらは、石川選手あたりのコメントを見ると、かなり自覚があるようなので、あえて周りが突っつく必要はなさそうですが)。

もう一点。今までは、「男子のスパイクをディグ出来る可能性は限りなくゼロに近い」と思ってたんだけど、割とそうでもない、ってのも感じました。まぁ、女子に比べれば、正面に入っても上がる本数は知れてるけど、それでもセット当たり2本なり3本なり上がって、それがポイントに結びつけば、かなり違いますからね。

ともあれ、男子バリボーの中継が「今日は○○戦ぢゃぁ! いけるでいけるでぇ!」みたいな感じになったのは、本当に久しぶりでした。次の男子の本チャンは、リオ五輪アジア大陸予選兼世界最終予選(で合ってるはず)。女子と共に、東京開催の地の理もあることだし、今回のW杯以上のパフォーマンスを発揮して、五輪出場権を勝ち取って欲しいと思います。頑張れニッポン!
  1. 2015/09/24(木) 21:33:16|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<期待度ワンランクダウン | ホーム | 泣くほどのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/954-fc9d056b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する