眉月的雑感綴

「おめでとう」はナシで

ちょっと旬落ちしちゃった感がありますが、どうしてもやっておきたいので、純粋に「眉月スポーツ」カテゴリで一発。

ラグビー日本代表は、グループリーグ最後のアメリカ戦も 28-18 で勝利を収めたものの、ベスト8には進めず。やっぱり、南ア戦から中三日で臨んだスコットランド戦で、勝ち点ベースで0-5(日本は勝ち点ゼロ、スコットランドは勝利で勝ち点4に加えて、4トライ以上のボーナスで、この試合で勝ち点5を獲得)の大負けを食らったのが痛かったです。仮にこの試合が勝ち点ベースで1-4(7点差以内の負けで、且つ相手を3トライ以内に抑える)だったら、スコットランドとの勝ち点差4でアメリカ戦を迎えることができ、ベスト8進出の可能性を残すことができたんですけどね(もしそうなってたら、日本中がとんでもない盛り上がりになってたはず)。

ここで日本代表が大会を去ることは非常に残念ではありますが、ラグビーワールドカップはここからが佳境。自分は、もちろん日本代表への思いも強いけれども、団体球技、特にラグビーとアイスホッケーに関しては「世界トップレベルの本チャンマッチ死ぬほど大好き人間」だもんで、今週末から「8強トーナメントモード」に突入する今大会が楽しみでしょうがない。NHK(BS)さんと日テレ(地上波)さんが、準々決勝4試合のうち3試合を生放送でカバーしてくれるので、んもう今から脳汁漏れ出しそうです。

それはそれとして、GL3勝ってのは本当に凄いわけで、今大会の日本代表の活躍は、2019年大会を開催する日本ラグビー界にとって、すんごく大きな財産となったように思います。個人的には、次回開催に「開催国の特権」でも「アジア大陸枠」でもなく、「今大会ベスト12の出場権枠」で堂々と参加できることが、とても誇らしい、とかも思ったりしますが、もっと重要なのは、万人単位、ヘタをすると十万人単位の、それまであまりラグビーと縁がなかった日本人が、間違いなく「ラグビー面白いじゃん! たぎるじゃん!」と感じたであろうこと。これでファン層の底辺が拡大し、メディアの注目度も上がれば、よりよい態勢で次回大会を開催する土壌ができます。

何で「よりよい態勢で次回大会を」にこだわるのかと言うと、2019年大会は、「ラグビー大国(豪・NZ・南アの南半球主要三国、英国4協会、フランス)以外で開催される初めてのワールドカップ」だからなんですね。世界大会に相応しい競技場を提供できるのか、観客は動員できるのか。「本場」の国々から訪れたお客様に「日本開催で間違ってなかった」と満足してもらえるために、国を挙げて取り組んで欲しいところです。

最後にラグビー日本代表へ賛辞を。公言していた目標がベスト8進出だったので、「おめでとう」は言いません。その代わりに、心からの「希望と感動と興奮をありがとう」を、エディー・ジョーンズ監督、選手の皆さん、それを支えたすべてのスタッフに送りたいと思います。
  1. 2015/10/14(水) 23:02:36|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さらに乳充実度アップ | ホーム | まぁ乳力は大切だということですよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/961-bc7663a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する