眉月的雑感綴

いろいろ間違ってる気がする

はぁぁ ・・・・

どうしたらこんなにも見るからに残念な仕上がりになるんだろう。・・・・ もうタメイキしか出ない。・・・・ あ、もちろん、【ボクシング・エロチカ 1】の話です。

意図してることはわかるんですよ。女女対決版のボクシングで、ナマ乳出しも見せるし、グラウンド込みでレズテイストも盛り込む。でも、そこまで、それだけの作品ですね。「ドリームチーム制作・総指揮」と、かなり大上段に振りかぶった割には(タイトル情報の時点では「巻数表記がローマ数字」で、こっちが最大の大上段要素だったけど、実物はフツーに算用数字による巻数表記らしい)、「エロ系女女ボクシングとして最低条件」をクリアしているだけで、そこから先は間違った方向にビンビン電波が飛んでる。・・・・ 個人的には、そんなイメージです。

まず、作品タイトルが「直球勝負」で、狙いもそこだろうし、とにかくシリーズの第一作なんだから、ボトムはボクシングの「正統コス」「基本コス」であるトランクスから外れる必要もメリットもないでしょう。ブラも同様で、脱がし前提であることを考えても、もちっとボクシングを連想させる形状のものである必要があると思います(例えば、【続・腹パンチ対決 02】で使ってた白とピンクのスカートや、金銀のビキニみたいに、「スポブラにトランクス」という「正統コス」から離れて、ファンシー方面に走るのも、「エロ系格闘技の試合用コスに相応しい、見映えのいいもの」であれば、それはそれでアリだと思う。まぁ、直球勝負と思しきシリーズの一発目ですから、あんまり推奨はしませんけどね)。

さらに配色もおかしい。赤グローブ/赤白コンビのシューズ着用側が濃紺のボトムで、黒グローブ/黒白コンビシューズが薄桃色のボトムって、ありえんでしょう。出演者のお二人、水城りのさんと岡本希さんを見比べてた上で、この作品で使われているコスと小道具を割り振るなら、お顔立ちや肌の色などから「戦闘力レベル上位」に見える水城さんに濃紺ボトム/黒グローブ/黒白シューズ、色白で「受け顔」っぽい岡本さんに薄桃色ボトム/赤グローブ/赤白シューズ、って形にするのが一番じゃないでしょうか。つか、肌の色に近いコスってあまり見映えしないんで、こんな薄いピンクのコスではなく、同じ赤系統でももっとインパクトのある、「紅色」「ショッキングピンク」「ワインレッド」と表現できる色のもの用意する方が、断然いいとは思いますが。

でもって、過去のブローウインド製ボクシング系商品で「試合用グローブ」として使われた三種類のグローブの中で一番形が悪く、掌側の見た目が激しく美しくない「Twinsのマジックテープタイプ」(他は「Winning製」と「Windy製」で、こちらは両方ともストラップタイプですね)。「脱がしがあるから簡単に着脱可能なマジックテープ型にしました」なのかも知れないけど、この売り方の作品なら、それよりも「最高の試合用グローブ」を使うことを優先すべきなんじゃないかな。

肝心の「女優さんのレベルの高さ」は、出演されたお二人にはちょっと申し訳ないですが、ルックスもボディも、特に「惹かれる」というか、女優さんそのものが目的で購入に食指が動くレベルまでは届いてない。んー、これで美巨乳対決とかだったら、ボクシングファイト中に絶えず揺れ続ける良いおっぱいやら、パンチを浴びて歪む良いおっぱいやらが拝めるんで、諸々のアラには目を瞑ってもいい気がするんですけどね。【トップレストーナメント】が美巨乳ちゃん揃いだっただけに、そっちと見比べると、どうしても寂しい乳環境に思えてしまいます。

もしこれが、「いやそうじゃなくて、ルックスやボディの充実度よりも、運動能力とレズ的な演技力の高さに重点を置いてキャスティングをしたんだ」であれば、これはこれで選択肢の一つとしては全然アリだと思うんだけど、プロモ動画の出演者さんの動きを見ると、どうもそういう感じでもなさそうで、ぶっちゃけ、「ただ単に新人のAV女優さん二人を引っ張って来ただけ」って印象です。

・・・・ と、ここまでは、目に付くのはマイナス要因オンリーですが、プロモ動画を見ると、肌の密着感とか、汁っぽさとか、喘ぎ声とかは、結構ソソられる感はある。マウスピースへのこだわりも感じられるし、水城さんのストレート系パンチの打ち方も良好。照明設定も、「エロ系ボクシング」に相応しい、割といい雰囲気を醸し出してます。

とは言うものの、前半の失点(二段落前までに書いたことね)があまりにも大きく、総合評価は5段階で「2」、「何年ぶりかでリリースになった脱ぎありレズありの女女ボクシング」って要素を最大限に重く見た激甘評価でも「3」がいいところ(因みに、一足遅れでアップになったプロモ動画を見る前、静止画レベルのみの情報の時点では、5段階評価で最低の1点でした)。「老舗BATTLEが特別なスタッフを集結させ作り上げた、滅多に見られない意欲作(プロモ動画テロップ文言)」だそうですが、(いろんな意味で)素材選びの時点で「やっちまい過ぎ」て、とてもとても、通常よりお高い「プレミア上乗せ価格」で売り出せる商品には見えません。

文章量が1エントリ分ぐらいになったんで、今回はここで一旦締めますが、自分のエロ趣向の「ホームグラウンド」に来た作品なんで、タイトル発表の時点で異様に期待が高まってたし、言いたいことがまだまだ残ってる。なので「オカワリ」して、この作品に関するお話を続けたいと思います。
  1. 2015/11/12(木) 23:33:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大切なのは【2】が出ること | ホーム | あとはモノが出てくるだけなのに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/975-e3035712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する