眉月的雑感綴

ポンコツ以外に何と表現すれば

同じ音楽が頭の中でずっと流れる、なんてこと、よくありますよね。自分は、ひと月ほど前にキャンディーズの「やさしい悪魔」モードが一週間ほど続いてたりして、今現在は「帰ってきたヨッパライ」モードのど真ん中です。んで、曲を口ずさみながらマインクラフトをやってたら、「ど平面の野っぱらでクリーパー先生に至近距離爆発2連発を食らって死亡(2度ともイケると思って自分から近づいて行って、剣でのとどめの一撃をスカった)」、なんてことを体験。「帰ってきたヨッパライ」モードへの突入が、この出来事の前フリだったのかと思えるほど、それはそれは見事なまでに、「オラは死んじまっただぁ~」でシンクロしたのでした。・・・・ ということで、今回はエロネタを一回お休みして、選挙関連の話をまとめてやっつけることにしようと思います。

先の参院選、巷では「自民公明の与党の圧勝」みたいな雰囲気になってますが、東北地方の一人区がほぼ全滅ですし、他でも一人区の野党統一候補にかなり負けていて、選挙前の大勢から考えると、自民党は負けの範疇だと思う(因みに、公明党は選挙区全員当選、比例区でも想定に対してプラス1なので「完全勝利」。なぜ比例区が想定プラス1なのかは、チャンネルくらら7月21日配信動画「山村明義のウワサの深層・参院選総括特番」をご覧いただければ一目瞭然です)。自分は自民党シンパではないけども、今の日本の情勢を鑑みるに、自民党に勝てるところはもっときっちり勝ち切ってもらわないと困る。この参院選を「負け」まではいかないにしても、「取りこぼしが多かった」と認識して、もちっと頑張ってもらいたいです。

一方、自分が比例票を投じさせていただいた「日本のこころを大切にする党」は、(全国)比例区定数48という「国政選挙の中で一番当選ラインの低い選挙」だったにも係わらず、一人も当選者を出せず。この結果を受けて党代表の中山恭子氏が辞任届を出したものの受理されず、党首続投になったようですが、この政党の規模レベルだと、必然的に党首がメディアに乗る機会が多くなるわけで、申し訳ないけど、高齢で弁の立たない中山代表では弱い。形だけでも「バリバリに活動してます元気いっぱいです」と訴えられる人材を「党としてメディアに乗る人物」に据えないと、いくら政策がまともでも、「国会議員選挙で当選者が出るか出ないかギリギリのライン」を脱するのは非常に難しいと言えるでしょう。ちうか、今度の都知事選で増田寛也氏推しをしたことで、党を見限るネット民が大幅に出ることは必定。小池百合子氏に乗っかるまではいかなくても、おおさか維新のように「都知事選では特定候補の支援を見送る」姿勢で臨むべきだったと思います。

ぶっちゃけ、党名もオシャレじゃないし(まともな政治勢力にならんとする党名に聞こえない)、一度解党するなり、党名を変更して新装開店するなりした方がいいんじゃないのかなぁ。個人的には、和田政宗さんとか、杉田水脈さんとか(このお二方は、本当に日本のために働いてくれている)、魅力的な人材を抱えてるとは思うんですけどね。んー、今の党名、党体勢のままだと、和田さんは次の参院選を通らないんじゃないかな。

で、その都知事選ですが、野党統一候補の看板を背負った鳥越俊太郎氏が、想像を絶するほどのポンコツであることが日に日に明らかになり、さらに身辺もガバガバ(テレビや新聞にはあんまり出てこないけど、ネット上はお祭り状態。最新のネタは、某保険会社への利益供与疑惑、学歴詐称疑惑あたりか)で、最近の報道では「3着以下がほぼ確定」ってとこまで支持を落としてます(であってると思う)。いや自分はね、多少出自が怪しかろうが、金に汚かろうが、エロおやじであろうが、政策がしっかりしていて、それを遂行する能力が高ければ、それはそれでいいじゃん、という認識ではいますけど、訴えてる政策が「それって国政の話で、都政とは関係ないんぢゃね?」って感じでピントずれまくってるし、しゃべればしゃべっただけボロが出るようなポンコツっぷりですからねぇ。

自民党勢力がほぼ真っ二つに割れた状態で選挙戦に突入する気配が濃厚になったところに、野党統一候補として知名度抜群の鳥越氏が出てきたんで、都知事選告示日の頃は、正直「こりゃぁ自民勢力同士討ちで、鳥越氏を擁する左翼勢力に都知事の座をかっさらわれるな」と思ってたんだけど、その事態は避けられそうな気配で、とりあえず一安心。ぶっちゃけ、野党統一候補が宇都宮健児氏に纏まってたら、どうなってたかわからないし、蓮舫氏あたりが参院選をブッチして都知事選に出てきたら、仮に自民勢力が一本化できていても敵わなかったような気がします(ちうか、何で野党が最終的にこんなポンコツな神輿を担ぐことに決めたのか、非常に理解に苦しむ)。

都知事選の投票日は今度の日曜日ですが、誰に投票するかはまだ決めてなくて、「情勢を見極めてる状態」。と言うのは、「当選の可能性アリ」ライン上の候補者三名の中から選ぶとすれば、「韓国人学校増設白紙化」「外国人参政権に明確に反対」プラス「朝鮮風『おもてなし東京ユニフォーム』改善」(これは本当に何とかして欲しい)あたりの主張を重く見て、小池百合子氏に当選して欲しいと思ってる。ただ、桜井誠氏(「在日特権を許さない市民の会」の元・会長で、世間では色物際物の類に見られてますが、言ってることは「非常にマトモ」で、街頭演説等もも精力的にこなされてます)の掲げている公約「日本を取り戻す七つの約束」にも非常に惹かれるものがあるんですよね。世界基準で見れば、このくらい「自国寄り」なのが当たり前なんじゃないかな。

なので、投票日当日の時点で、小池百合子氏が「優勢」程度の気配であれば、小池氏に投票。「小池氏当選はほぼ確実」ぐらいまでになったら、「あなたの主張に賛同します。頑張ってください」の意を込めて、桜井誠氏に一票を投じる。・・・・ そんな作戦でいこうかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2016/07/27(水) 21:41:53|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺のフリーセル環境ががが


「イタリアにフルセットで負けたけど勝ち点1を拾ったのでセット率で」という、今一つすっきりしない形で女子バリボー五輪出場が決まった先週土曜日の深夜のこと。PCのモニタに「あと○分で自動的にWindows10にアップデートします」的な窓が出ました(今のOSは Windows7)。「Win10、みんな使ってますよ。お客さんもこっちのお店に来ませんか?」ってな感じのソフトなメッセージだった頃に、ネットで10の情報を集めたところ、どうも評判が芳しくないし、あまりPC環境を変えたくないんでんで、ずっと10へのアップデートをお断りし続けてきてたんですが、この夜は、バリボー関係でモヤモヤを引き摺っていたせいか、何となく「そこまで言うなら乗り換えちゃる。ヘチマOSだったらタダ置かんよ正味な話」という気分になり、win10へのオンラインアップデートをGOしちゃいました。

まだ使い始めて何日かですが、とりあえず起動は早くなったんで、これは嬉しい。まるまるインストールが終わってから、「そう言えば、前に使ってたアプリはそのまま使えるんだろうか」ってなことに気づき(利用している Photoshop Elements とホームページビルダーは、恐ろしく昔のバージョン)、一瞬肝を冷やしましたが、チェックしたところ大丈夫そうで一安心。

ただ、やっぱり「1ミリの苦労もなくWin10の世界へ」とはいかないようで、ここ何日かかけて、スタート画面やらタスクバーやらの内容を、できるだけWin7の時の環境に近づけるよう整理したり、ファイルエクスプローラも若干仕様が変わったので、どこにどのフォルダ、どのファイルがあるかを確認したり、みたいな作業を片づけてました。絶賛沼に浸かりちうのマインクラフトも、Win10の新しい環境で動かしたら、何か見た目がおかしい(最初の症状は「ブロックがえらく縦長に見える」)。なので、モニタの画面設定やら、マインクラフト側の設定やらをあちこち弄って、何とか違和感なくプレイできるように調整したり。

それから、このブログの運営元であるFC2へのログインには、ちょっと手こずりました。ずっとログインしっぱ&必要項目はcookie使用でやってたのを、久しぶりに一からログインしようとしたら、何度やってもエラーになってログインできず、何日も管理画面にたどり着けない状態が続いてたんですよね。でも、昨晩ちょっとした勘違いに気づいて、それを直したらあっさり開通。いやぁ~、よかたよかた。

ここらへんは復旧なりして事なきを得たんですが、10になってこれまで通りにフリーセルが遊べなくなってしまい、個人的にはこれがかなり痛い。10にするまでは、PCの電源ON → メニューアイコンクリック → フリーセルアイコンクリック → 即プレイってのが一連の流れとして出来上がってたんですね。立ち上がりからネットにつながるまでに、気持ち時間がかかるんで、それまでの時間つなぎに丁度良かったんですが、10になって、PCの電源ON → メニューアイコンクリック → Windows Solitaier Collection タイルクリック → ロード待ち → フリーセル選択 → ロード待ち → ようやくプレイと、プロセスと待ち時間が増えた。あと、Win7のときは、カードフェイスをインデックスの大きいデッキにしてたんだけど、どうやら10は、通常のフェイスで固定のようで、老眼の進む身にとってはこれも辛いです(まぁ、7と10の間のWin8には、標準ではゲームそのものが搭載されてなかったようなので、それよりは軽微なダメージで済みましたけど)。

・・・・ とまぁ、そんなこんなで、かなりジタバタしたもんで、そこいらの顛末を先に記事にしちゃいました。記事候補のエロネタもいい加減貯まってきましたから、次回からは少し更新頻度を上げて、順次やっつけていきたいと思います。
  1. 2016/05/25(水) 22:59:30|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノックバックは要らんっ!

「企画書」を【5】の発売前にアップすべく、GWの最後の土日あたりからできるだけ抑制、草稿の手直しをした11日は完全にシャットアウトした「マインクラフトやりたい衝動」を解放ちう。企画書作成に本腰を入れるまで「海の真ん中にフロート状態の拠点を作り…」のワールドを進めてたんですが、海上拠点から陸地までの間隔が若干狭く、今一気に入らなかったところに、エンチャント&合成修繕の過程で大きなミスを3度ほどやってしまい、ちょっと萎え気味になってたんで、暫定版ではあるものの企画書アップしたことで心機一転を計るべく、こいつを放棄することにしました。

で、新規ワールド作成の一回目で、「白樺の木が数本自生していて、羊が3匹いる孤島スタート」というワールドを引いた。植林用の苗木を確保して、ベッドと船を作って海を渡り、辿り着いた大陸で仮拠点を作って、そこからダイヤ採掘高度まで斜め掘りしたら、それが廃坑に突き刺さるという、まさに「リーチ一発高目ツモ。さらに裏ドラどーん!」状態。無駄にテンションが上がってしまい、暫定版の企画書を最終稿までもって行く作業を放り出して、このワールドにのめり込んでます(ただ、仮拠点からブランチマイニングした坑道は、でっかい溶岩溜まりだの砂利だのが多く、あんまり良くない。プラス、エンチャント運が致命的にダメダメで、ダメージ軽減狙いの防具にはまったく耐久力が付いて来ず、ダメージ増加狙いの剣には、邪魔なだけのノックバックがひたすら乗っかるという悲惨な状況です。とほほ)。

さて、【キャットファイトとレズバトルだっ!】ブログさん、【探索next】ブログさんのここ数日のエントリを見ると、どうやらROCKETさんの動きが活発な様子ですね。

まず、【全裸オイルキャットファイト 7】が6月9日発売で、広報担当フルーツさんのブログには、すでに出演女優さん8名の情報が公開になってます。で、この作品は、「3ヶ月連続!ROCKET夏の女闘祭り企画第1弾」だそうで、この企画の中で、「【ガチンコ全裸レズバトル 5】の次」が出てくる可能性は、スケジュール的にも結構高いと思う(【5】が5月前期分発売ですから、「【5】の次」を8月にリリースされるであろう「女闘祭り第3弾」に持ってくると、間隔が割といい感じに空く)。ちうか、5月12日に、ROCKETさんでレズバトル系作品の撮影やってんですよね(【探索next】さん13日付エントリから、篠田ゆうさんの twitterを追うと、12日に「今日はROCKETさんでレズバトル。水原さなちゃんと」というツイートがある。ただ、このツイート情報だけだと、この撮影が「【5】の次」かどうかは微妙)。

例の企画書を「【5】の発売前の公開」するのにこだわったのは、もちろん「【5】の内容を知らない状態で作成しました」というアリバイ作り、ってのもそうですけど、「このタイミングで打っておけば、【5】の次の撮影に間に合うだろう」って腹積もりもあった。でも、仮に12日の撮影が「【5】の次」だとしたら、撮影には間に合ったけど、ROCKETの制作担当者さんが撮影前に企画書を見てくれてる可能性はほぼゼロ。うーん、ちょっと悔しいなぁ。

・・・・ と、このあたりの話はもちっと広げられそうなので、今後のエントリで扱っていく予定ですが、そんなことより、今現在のホットトピックは、何と言っても女子バリボー。韓国に勝ち点ゼロの負けを食らった結果、「勝った方がアジア2着 → 五輪出場ギリセーフ」の可能性が極めて高くなったOQTタイ戦。「薄氷の勝利」どころではない「ウルトラ大逆転」で何とかモノにしました。ただ、この試合で勝ち点は2しか拾えなかったし、タイに抜かれてしまう可能性がなくなったわけではない(タイがラスト三試合のカザフ、韓国、ペルーを三連勝すると、4勝3敗・勝ち点13まである)。ここまで4試合で得セット1のドミニカからは、きっちり勝ち点3を奪うのは当たり前として、イタリアかオランダ、どっちか片方は食っておきたいところ。

そんなことで、この週末は女子バリボー全力応援です。頑張れニッポン!
  1. 2016/05/19(木) 23:57:26|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日がラストチャンスっぽいので

ここ数年、「やっぱこう、ひとシーズンに一度ぐらいは、皇居周辺だのの都心の桜を眺めに、チャリで遠出したいよね」という想いが結構強くあって、満開ど真ん中っぽい先の週末は、動ける体勢でスタンバってました。しかしながら、土曜はチャリで遠出するにはあまりにも寒く、翌日曜は小雨模様で、両日ともに断念(移動ルートの車両通行量が落ちる週末は狙い目なのよね)。でもやっぱり「年に一度は都心の桜を」ってことで、ちょっと無理して時間を作り、今日、観桜チャリツアーを敢行しました。

お約束の「旧東海道 → 国道15号 → 日比谷通り」で皇居周辺へ。いつもはまんまこのルートを往復するんですが、ついでなので靖国神社あたりまで足を伸ばし、そこから四ツ谷、赤坂、広尾のあたりをフラフラしながら五反田へ抜け(ちうか、皇居の西側を回って桜田門から国道1号に出る予定だったのに、ショートカットしようとして道がわからなくなり、収集がつかなくなった)戸越銀座のとんたんさんで遅めのお昼ご飯。豚丼うまうまぁ~。・・・・ と、そんな感じで無事(でもないか)帰宅いたしました。

月のアタマには満開宣言が出てたんで、もうずいぶん葉桜化しちゃってるんじゃないかと心配してましたけど、まだまだ花を残している木が多く、「満開から散りに入る桜」という、いちばんオイシイ光景を至る所で目にすることができました。まぁ、恐らく「今日が満開時期周辺で一番の日和、且つ、見頃の桜を楽しむラストチャンス」ってのは多くの方がそう考えてるようで、都心の観桜スポットはどこもかなりの人出があり、大変な賑わいでしたね。

なんだかんだで4時間以上もチャリを転がしたわけですが、日頃から運動不足で脚力がなまってるところに、帰りは坂道が結構多かったもんで、家に着いたら両脚の腿がパンパンに。でもまぁ、自転車であっちこっち走り回るのは気持ちいいですし、運動不足の解消にもなる。なので今年は、積極的にチャリで遠出しようかなあ、なんて考えてます。
  1. 2016/04/06(水) 21:17:02|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはうまいっ!

今日の東京は、日中暖かく風も比較的穏やかな、いい陽気でした。やほぉ天気予報では、明日の午前中から深夜まで雨。日曜日には回復しそうで、この間、また気温が一気に上がるようです。まさに三寒四温といった感じですね。暦の上では今日が「雨水」で、これから「啓蟄」「春分」と移り変わっていきます。考えてみれば、桜が咲き始めるまで、あとひと月とちょっと。何となく、冬の終わりが近づいている気がします。

前エントリに、「tsutayaさんに、ROCKETさんの昨年12月発売分のチェックしておきたい作品があらかた入荷になってたけど、全面的に貸し出しちう」なんて書きましたが、昨日、tsutayaさんを覗いたら、【全裸キャットファイト6】が返ってきてたので、さっそくお持ち帰り。とりあえず、早送りを交えながらざっと一通り見てみましたが、「うーん、相変わらず直球勝負だなぁ」ってな印象です。感想文はアップしますけど、頭の中をもちっと整理してからにしますね。・・・・ ということで、今日のメインは思いっきり非エロな話。自分が今、「ちょっとハマってる」感じの食品について、語ってみたいと思います。

まず紹介したいのが、日清シスコさんの「和びすけ・黒糖」。大定番ココナッツサブレからの派生商品(形状は同じ)で、このシリーズは、それまでセサミサブレがお気に入りだったんですが、昨年の暮れに、近所のジェーソンさんで見つけて、お試しで買ってみたのがきっかけ。黒糖の上品な甘さがいいです(「和びすけ」シリーズには、抹茶味もあり、こっちもお試ししたくて、近場のスーパーを探したんだけど、どこにも置いてないんだよなぁ)。

続いて、佃煮の人気商品「ふじっ子煮」でお馴染み、フジッコさんの「煎り黒豆」。節分で打ち豆して余った豆をポリポリ食べてたときに、「煎り豆いいよね、甘すぎないし」とか思って探し出した商品。打ち豆用に安く売ってる豆に比べ、カリッとした食感が後を引きます。

お菓子類の真打ちは、ヤマザキさんの「薄皮ミニパンシリーズ・ブルーベリージャム&ヨーグルトクリームパン」。以前、「ヤマザキのミニパンシリーズ・薄皮クリームパンを、買ってきたナリで冷凍庫にぶち込んでおく、『アイス・クリームパン』がんまい」ってなことを書きましたが(昨年7月7日付エントリ)、冷凍させるなら、まんま「レアチーズ味」が楽しめて、こっちの方が格段にうまいです。が、この商品、なかなか手に入らないんですよね。近所のスーパーが月一ペースで「ミニパンシリーズ全商品揃え」をやってくれるんで、そんときに3袋くらいまとめ買いしてます(当然、消費期限内には食べきらんのですが、冷凍保存ならダイジョブだろうと高をくくってる)。

ラストは、同じくヤマザキさんの「スイートブレッド」(酷似もしくは同一名の商品がありますが、5枚切りの食パンです)。ぶっちゃけ、これを紹介するためにこのエントリを起こしたと言ってもいいぐらい、自分的には一押しの商品です。同社製品の看板商品「ダブルソフト」にも劣らない、ふわっとした食感、そして、商品名の通りの衝撃的な「甘さ」。今月のアタマだったかぐらいに、OKストアさんにお買い物に行った際に、「いつも最安値の食パンでは味気ないから」という理由で、いくつかの候補の中から何となく選んだ結果が、この出会いでありました。もちろん、食パンには「ふんわり感」ではなく「もっちり感」、甘さではなく小麦小麦した味を求める方も多いでしょうけど、「ふんわり」「甘さ」ベクトルをお好みの方には、絶対にオススメです。

因みに、「薄皮ミニパンシリーズ・ブルーベリージャム&ヨーグルトクリームパン」、「スイートブレッド・袋入り5枚」の商品ページへのリンクがないのは、製造元であるヤマザキさんのサイトにモノがないから、という理由です。ヤマザキさん、こいつらは絶品でっせ。もっとちゃんとプロモーションしたってくれぃ。
  1. 2016/02/19(金) 22:18:02|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する