眉月的雑感綴

びっくりマークが3つつくぐらい

今日は都議会議員選挙の投票日。自分が住んでいる大田区は定数8で、過去の選挙結果や各メディアの情勢分析等々から察するに、都民ファーストの会2、自民1、公明2、共産1、ここまでが当確ライン、でいいと思う。自民候補は、票の割れ方次第では3人全員当選の目もないではないけど、下手をすると1議席のみに終わってしまう可能性も否定できない(さすがに全滅まではないと思う)。とりあえず自民は2議席獲得で考えるとして、最後の議席をどこが持っていくのか。個人的には、共産の2議席目、民進党候補を抑えて、ここに日本維新の会の候補に滑り込んで欲しいと思ってるんだけど、うーんちょっと厳しいかなー。・・・・ と、お堅い話題は早々に切り上げて、いつものエロ目のお話へ。

ようやく開いたバトルさんの今月の発売スケジュールを見ると、どうやら「女女ボクシング祭り」は終了したようで、今月は【バトル同門決戦 7】の1本だけみたいですね。このシリーズは、【5】【6】と直近作2本がトップレス仕様になっていて、自分の中では、次の一本が「今後のシリーズ作がほぼほぼトップレス基本路線に固まるかどうかの分水嶺」ではなかろうか、みたいな感覚がある。なので、【7】も前作、前々作に続いてトップレスになるのか、それともブラありに戻ってしまうのか、個人的にはそこそこ大きな注目ポイントです。

あと、4月最終週発売の【4】まで、あまり間を空けずにリリースされていた【レズ女子ボクシングコロシアム】のシリーズ次作が、今月も発売予定ナシなのが、ちょっと気になるかなぁ。とは言うものの、このシリーズの過去作は、若干レズエロ要素不足、加えて乳力不足な感があるので、レズエロ要素と乳充実度を盛り、バトルHP上のジャンルも「レズボクシング」にカテゴライズした上で新装開店。2ヶ月から3ヶ月に一本のペースでモノが出てくる。・・・・ と、こんな感じになるのがベストだと思うし、そうなって欲しいところではあります。

7月の発売予定に話を戻して。ボクシングのMIX版では【Mix Boxing Groggy】の4作目が予定に入ってますね。個人的には、同じMIXボクシングでも、行為エロ含みの商品(SSS【Mixed Boxing 〇〇選手に挑戦!! 】シリーズみたいなん)がもちっと出てきてもよさそうなもんだと思ってるんですけど、まぁグリグリの男勝ちもMIXボクシング商品の正統な形態の一つであることは間違いないですし、まったくもって無問題。

ボクシング系以外では、すでに商品情報ページが出来上がってる【熟女相撲】。主演・三峰かずこさんのお相手二人は、FIGHING MOVIESレーベル作品でオモウラ+技集にも出演されてるので、ここと同時撮影でしょうけど、レーベル跨ぎ(【熟女相撲】はバトルレーベル)ってことは、FIGHING MOVIESさんも、純粋にブローウインド傘下なんですかね。あとは、2年ぶりのシリーズ2作目となる【人妻プロレスファイト 2】が、どんくらいエロい仕上がりになってるか。シリーズ1作目から三週連続リリース予定になってる【エクストリームエクストラマッチ】も、連発なだけに、脱ぎ度合いレズ要素度合次第がどんくらいなのかが、ちょろっと気になります。

最後に小ネタをもう一つ。下書き中にバトルさんちの「エロボクシング」カテゴリを追ったら、【ドM現役キックボクサー】なんてのが引っかかってきた。DMMアダルトさんでプロモ動画を確認した限りでは、キックボクシング要素は若干の練習シーンだけで、実戦シーン(スパーも)はないみたいなんで、作品そのものは割とどうでもいいんですが、ジャケ前面写真の立ち絵は、すんごくいい感じ。ピンク系で統一されたコス全体もそうですし、とりわけショートトランクス(キックパンツ?)と足首サポーターのコンビはたまらない。

打撃系作品は作るの難しいけど、小道具類に関しては揃えるだけで済む話。是非ともブローウインドさんには、こんなトランクスと足首サポーターを使ったて女女トップレスキックボクシング作品を撮ってもらいたいっ!!! ・・・・ と、びっくりマークが3つついちゃうぐらいお願いしておきたいと思います。
  1. 2017/07/02(日) 19:41:46|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ数ヶ月で一番購入に近い作品ですわ

なぜかこのタイミングで「人狼動画ブーム」が来てしまい、ここ何日か、ニコニコ動画に入り浸ってます。漁ってるのはもっぱら「12B」配役村のものなんですが、この「村5占霊狩狂・狼2・狐/(村陣営の役職欠けアリ)」という配分は、各陣営の勝率、吊り数の余裕、という面で非常にバランスがいいので、実に見ていて楽しい。へ゜ニスズメさんの「ゆっくりできない人狼」シリーズは何度も見返してしまいます(そして、何度見返してもリアルスピードでは議論についていけない。なので、テキストに書き起こして、じっくり読み込む、なんてことをやってます)。所謂「ペニスズメチルドレン」と呼ばれる方々の動画も徐々に増えてきて、裾野が広がっていくのも嬉しいです。

・・・・ ということで、エロ目の話題へ。タイミング的に今週末には来月7月の発売スケジュールがアップになるだろうと思ってたんですが、残念ながら、そちらは動きがありませんでした。

今月の予定が出た時点で「どういう仕様になるのか注目している」とした FIGHTING MOVIESさんの【女子相撲ファイティング 1】は、全面的にエロ系女子相撲の基本コスである「裸体にジカまわし」で、これで自分の願望通り、「【女子ボクシングファイティング】シリーズのトップレス化」への可能性が見えた形にはなりました。

ただ、つい何日か前に、某洋物エロ動画サイトに【女子ボクシングファイティング】シリーズ過去作の動画が落ちてたので見てみたんですが、どうもこう、「作りが粗い」と言うか、攻めるにしても受けるにしても、ボクサーの動きからはほど遠いし、KOとなるダウンシーンそのもの、および、そこに至るまでの過程が今一つ魅力的に仕上がってない。これだと、仮にトップレス化が実現したとしても、そっちの部分が改善されない限り、銭を打ちたくはならんだろうなぁ。うーん、なんか残念。

もう一つ、プリンシプルさんの【レズレイプドミネーションプロレス 1 セクシーアイドルvsセクシー女優】(今月26日発売)にも触れておきたい。たまたまバトルさんちで「レズレイプ」で検索したときに引っかかってきたので、「あ、そんなん出るんだ」ってわかったんですが、後で調べたら、トップページの2スクロールページ目ぐらいに小さいバナーが出てるだけ。発売予定のページには記載がないし、多分この検索で引っかかってこなかったら、当分の間は存在を知らないままだったんじゃないかな。・・・・ ってな話はまぁいいとして。

プリンシプルさんの既刊商品の中で一番自分好みだった【セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル】シリーズが、キャストの一人をエロおねぃさんにして大人エロ成分をアップさせ、ドミ色を強めにしたことで、さらにもう一段、自分の好みに近づいてきた、って感じでしょうか。加えて、エロおねぃさん役の樹林れもんさんが、スレンダーだけどしっかり乳量はあるメリハリの効いたボディで、べしゃり込みで演技力の高い、お気に入りの女優さんなので、激しく食指が動くんですよね。

今回は、「ヤラレ役の相方さんのルックスが今一つ自分好みのタイプでない + やっぱも少し乳量が欲しいなぁ」という理由でスルーすることになりそうだけど、プリンシプル(ピンクカフェオレ)さんが、エロおねぃさん型の女優さんを起用したことの意味は大きいと思うし、このシリーズは、このテイストを維持したまま【2】以降に繋がっていって欲しい。でもって、近い将来に、プロモ動画を見た段階で「これは即買いじゃぁぁぁ!」と叫べるような作品が生まれることを、切に望むものであります。
  1. 2017/06/25(日) 20:30:51|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぜひシリーズ続編を

バトルさんちの最新週間ランキング(19日更新分)、2位の春原未来さん主演の大作【ファイトオアノット】、3位のクラQさんの女相撲を除くと、残りの1・4・5位が全部女女ボクシングという状況。このランキングが本当に売上と直結してるのか、って問題もあるし、確かにここ一、二週は、あんまり力の入ったプロスタイル作品がないタイミングではあるけども、ボクシング系作品ってホンマにそんだけ売れてるんでしょうか。まぁ、【絶望女子ボクシング】はマニアの自分の目から見てもかなりの衝撃作ですし、トップページの一番目立つ位置にデカバナーがあるくらい「推し」の入った作品のようですから、優勝してもおかしくはないと思いますけどね。

・・・・ ってことで、週も半ばを過ぎて、バトルさんちに、すでにブログ記事を一本組めるぐらいの新作情報が落ちてきてはいるんですけど、それは日曜の「定期更新」で扱うとして、とにかく「【絶望女子ボクシング】についてじっくり語る回」を消化していくことにしましょう。まずは出演者お二人の衣装とカラーコーディネイトの話。

コス面全体で一番「これはどうなの?」と思ったのが、YUNIさんのトランクス。【MIX BOXING Groggy 2】で YUEさんが穿いてるのと同じものだと思うんですが、それっぽいブラと組み合わせるならまだわからないでもないけど、トップレスで使っちゃいけないんじゃないかなー。つか、この股下丈の長さ(とベルトライン幅の狭さ)は「ステテコ」ですよ。

お試しで、比較画像を。【絶望女子】の商品情報ページ、特設ページ、いずれにも良さげな写真が見当たらなかったので、【MIX BOXING Groggy 2】の方から素材を拝借します。商品情報ページのサンプル画像、下段一番左の写真を200%に拡大して、背景を若干カットしたものがコレですが、股下丈が長すぎてどうにもオシャレぢゃない。ということで、隣に写ってる野郎のトランクスよりも少し股下丈が短くなるぐらい程度まで、フォトショエレメンツ君を使ってこの画像を加工すると、こんなんになります。さらに、比較しやすいように、オリジナルと加工済みの画像を並べたものも作ってみたり。うん、やっぱりこのぐらいが妥当なんじゃないのかな。特に脱ぎエロが大きなウリであるトップレスボクシングは、最低でもこのくらい太腿が見えないといけないと思います。

相方・高城アミナさんの、ヘソがチラ見えする白のショートパンツは間違いではないと思うけど、どうせなら、白単色のサテントランクスにして欲しかったなぁ。ベース生地の素材は、SSS女子専用パンツのようなキラ感のある白でもいいし、哀れなヤラレっぽく、下に穿いてるショーツが透けて見えるぐらいペラッペラに薄手なものでもいい。参考例を挙げるなら、2015年に煩悩寺さんから出た【GODDESS~女神 キックボクサーゆり菜すずが煩悩寺に挑戦!】で演者さんが穿いてるトランクス(ベルトラインを白に加工した画像が、当ブログ同年10月18日、翌19日付エントリに添付してあります)、マウスピースさんの【ベリーパンチ】シリーズに何度か出てきた「ベルトラインが薄いピンクの白地トランクス」なんかも全然アリですね。

そこいらを踏まえて、【絶望女子】の演者さんお二人のコスを自分がカラーコーデするなら、まずグローブを赤青ではなく黒赤にすることから入ります。で、黒グローブのYUNIさんは、強者キャラを際立たせるために、トランクスとシューズを黒系統で統一(トランクスはゴールド・シルバーなどの光物系でもいい)。赤グローブ高城さんのトランクスは白ベースのままで、シューズも白ベース(白単色のものがあればベスト)で揃える。こうですねぃ。

もうすでにかなりの文章量になっちゃってますが、記事一本で消化すべく、もちっと頑張る。後半は、作品の全体構成についてです。

作品紹介欄には、「YUNIが闘いを終わらせても良いと判断するまで続けられる特殊なルールで…」とあって、この設定は非常に魅力的なんですが、約2分と結構長いプロモ動画は、YUNIさんが高城さんにパンチを浴びせるシーン(と相変わらずマウスピースに焦点を当てたカット)ばかりが続き、「高城さんが失神しようが完全に戦意喪失しようが試合は続く」という部分が今一つ伝わってこない。例えば、(ダウン「する」ではなく)「ダウン「している」高城さんの様子を通じて、高城さんが極限まで衰弱していくさまを垣間見させるとか、半泣きでキャンバスに腰を落とし、「もう許してください」と懇願する高城さんを無理やり立たせる、みたいなカットをちらっとだけ見せるとか、いろいろ手はあると思うんですけどね。

あと、プロモ動画がこの内容だとすると、収録時間60分を持たせるのは、ちょい厳しい(変化がなさすぎる)って気がしないでもない、ってことで、【怪物 THE MONSTER】で高城さんと一緒にヤラレ役で出てた朝丘みなみさんも【絶望女子】に引っ張ってきて、「YUNI×朝丘」も一緒に収録する手もあったんでじゃないか、とも考えたんですよね。2パターンあれば、ブラありとトップレスの両方を見せられるし、例えば片方で流血演出をやってみるとか、フィニッシュの構図を少し変えてみるとか、一本の「女女ドミボクシング作品」の中にいろいろバリエーショを組み込めますから。・・・・ ただ、女優さん三名一緒で撮影ってのは、ブローウインド作品制作としては非常なレアケースだろうし、この手をシリーズ1作目でやっちゃうと、続編が作りにくくなるんじゃないか、とも思える。なので、この「2パターンどうよ」作戦は撤収しときます。

・・・・ ということで、「ここはこうした方が良かったんじゃないか」「こんな手もあったのでは?」みたいな話を長々としてきましたけど、女女ドミボクシングが商品化されたこと(しかも全面的にトップレスで)は、マニアの身にしてみれば「いきなり明るい未来が見えた」とでも表現できそうなぐらい、大変にめでたい出来事なのは間違いない。なので、「【1】だけで後が続かない」ではなく、数ヶ月レベルで間が空いてもいいから、是非とも【2】の制作に向けて動いたいただきたいと思います。
  1. 2017/06/22(木) 20:39:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・女女ドミボクシング作品誕生

とある方から、非公開(管理人のみ閲覧可能)モードで、「某オークションサイトに【プロレズリングスーパーリベンジ】のBD版がお手頃価格で上がってまっせ」という情報をいただきました。ありがとうございます。でも、自分はネットオークションってあんまり利用する気になれないのに加えて(ネット通販とかもほとんど使わない)、悲しいことにBD再生機器持ってないんですよね。せっかく情報をいただいたのに、活用できなくて申し訳ありません。・・・・ と、この場を借りて、お礼とご返事をさせていただきたいと思います。

さて、バトルさんちの四週連続女女ボクシング祭り・最終週は、なんとトップレス作品2連発。うーん、確かこの週は「スレンダー美女対決」みたいなのだけだったような気がしたんだが、単にもう片方を見逃していたのか、あるいは後付けで組み込まれたのか(もともとは来月に予定が入ってたのが繰り上げ発売になった、なんてのはありそうではある)。・・・・ まぁ、そこらへんはどうでもいいので、とりあえず2本のうち、あんまり当たり障りのない方、SSSレーベルの【妄想女子ボクシング 6 ~ スレンダーボディ対決編】から処理していきます。

このシリーズは、【4】(某動画サイトに落ちてた5分ほどの映像を見ると、ビジュアル的にはすごくいい。ファイトの質も、そんなに悪くなかった)が出てから5年以上の空白期間を経て【5】が今月第一週に発売になり、そこからひと月も間が開かずに【6】のリリースとなります。んー、このシリーズは復活と見ていいんでしょうか。

商品情報ページのプロモ動画やサンプル画像を見ていて一つ思ったのは、「裸体(ボクシングの場合はトップレス基準)と白のキャンバスは相性が悪い」ってこと。【妄想女子ボクシング 6】の作品詳細テキスト欄には、「白い柔肌がSSSの白いマットとあいまって独特のエロティシズムを」なんて書いてあるけど、あくまでも「独特の」であって、濃い青のバトルレーベル用キャンバスと比べると、どうしても「裸体の際立ち度合い」は落ちちゃうんですよね。

とは言うものの、試合シーンが初手からトップレスの女女ボクシングが世に出るのは嬉しい限りなわけで、【5】【6】、5年遡って【4】と、このシリーズがトップレスに固まりつつあるのはありがたい。SSSレーベルの女女ボクシングは、現行で【対抗戦】も走ってるんで、【対抗戦】シリーズはブラありで競技色濃い目(攻め/受けはイーブンバランスが基本)、【妄想女子】の方はトップレス中心で、エロ要素やらドミ要素やらフェチ要素やらを適度に散りばめる、みたいな感じで、うまく両立させていって欲しいです。

んでもって、大いに当たり障りのあると言うか、自分にとって、かなりの衝撃作となった【絶望女子ボクシング】。いやぁね、【怪物 THE MONSTER 1】で YUNIさんがブローウインド作品に起用されたことを知り、「久々の女勝ちボクシングを作るには絶好のチャンス!」ってなことを5月ラストのエントリに書きましたけど、まさか女女版で出てくるなんて(しかもトップレスだし)。バトルオリジナル、および SSSレーベルの女女ボクシング作品は、パケ写やサンプル画像、プロモ動画の段階の情報では、あからさまに勝敗がわかるレベルまで攻め/受けのバランスが偏っているものがほとんどなかっただけに(過去の作品でそれっぽいのは、MEDUSAさんの【拷問ボクシング】シリーズぐらいか)、ある意味、エポックメイキングな作品と言っていいんじゃないでしょうか。

YUNIさんは両肩から腕にかけてタトゥーを入れてるんですが、そのせいで、今一つ「上半身はボクシンググローブ以外何もつけてません」って風に見えない(制作サイドもそこらへんは差し障りがあると考えてるようで、ジャケ前面写真はタトゥーが隠れる構図で撮られている)。・・・・ と、軽めのツッコミをはじめとして、この作品について記事にしておきたいことは山ほどある。なので、次回はそこらへんについて、じっくり語っていきたいと思います。
  1. 2017/06/18(日) 20:59:26|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムチムチ巨乳尻アスリート

TMさんブログに、早くも【B-1トーナメントSIXTH 1回戦第二試合】のレビューが決着段階までアップになり、月本愛さんが勝ち役だったことが判明。結果、(「事故」みたいなんがなければ)近い将来に、準決勝の撮影に月本さんが呼ばれ、そこで「同時撮影分の枠」ができることになるけど、準決勝の相方になる成美夏季さんは、一回戦の同時撮影(相方は神楽アイネさん)でボクシングやってますし、この「同時撮影分」にトップレスボクシング戦を期待するのは、ちとキビシイかなー。

ところで、月本さんの、過去のブローウインドさんでのお仕事をチェックすると、【被虐系MIXプロレス 6】【MIX BOXING Groggy 1】でワンセット(相方不明orなし)、【レズ女子ボクシングコロシアム 1】【レズ女子プロレスコロシアム 1】【ドミネーション空間 5】でワンセット(相方:白雪結花さん)。今回の【B-1トーナメントSIXTH 1回戦第二試合】【超フェアリーファイト 2】(相方:橋本京子さん/他に単体で【 [受]プロレス技コレクション 6】)は三回目のお呼ばれで、徐々に「格上」の作品に起用されていってる感じがします。でもって、さらにトーナメント一回戦を勝ったことにより、おかわり起用がほぼ確定ですから、ブローウインドさんにとっては、かなり「推しの入った女優さん」なんじゃないでしょうか。

・・・・ ってな感じで、「必死こいて何とか日曜だけ記事を上げてるだけじゃなく、一応、発信したいことがあったら曜日に関係なくビシッと更新しまっせお客さん」的なポーズをしてみたり。んがしかし、今回のメイントピックは別にありまふ。

先日、近所の tsutayaさんのアダルトコーナーを徘徊してたら、こんな商品のパケ写が目に留まる。もちろん、商品の「顔」となるパケ前面の写真は、一番「ソソる」出来栄えのものを使ってるんだろうけど(とりあえず、おっぱいにズームを合わせて大きく見せている、ってのはわかる)、それにしても、圧倒的な美巨乳であることは間違いなく、お顔立ちも激しく自分好みで、いやぁ~、おぢさんまいっちゃいましたよ。

パケ前面と裏面の小さな写真に写ってるグリーンのボトムも、かなりいい感じなんですよね。おヘソが余裕で見えるローカットの形状もそうですし、生地の材質は、DMMアダルトさんの(パケ写の)「イメージを拡大」では今一つわかりにくいけど、サンプル画像13枚目だと、キラ感、テカリ感がはっきり見て取れます。バトルさんで今月発売のトップレスボクシング2本について、「(トランクスじゃないんだったら)ボトムはもっとエロ寄りにするべきなんじゃね?」みたいなことを書きましたが、このグリーンのキラボトムは、自分のイメージする「エロ寄り」にかなり近いです。んー、この色に合わせるなら、グローブは赤、シューズは白ベースかなー。

今回ご紹介した作品、とりあえずタイトルを記憶するだけはしてそのまま家に帰り、DMMアダルトさんでプロモ動画を見た結果、ちょっと野郎がうざいんでレンタルするのはやめたけど、やっぱりこの女優さんは大いに気になるわけで。この作品が今年3月の発売で、彼女ほどのルックス、ボディ、おっぱいだったら、出演のオファーはいくらでも来そうですから、引き続きAVのお仕事をしてるのであれば、他にも出演作品の情報がDMMアダルトさんなりに落ちてきて然るべきなんですが、この作品のプロフィールでは「女子大生アスリート・りこ」とあるだけで、芸名等は明かされておらず、DMMアダルトさんの出演者名も空欄になってるんで、それ以上追っかけてくことができない。くぅ~、ストレス溜まる~。

・・・・ ということで、ダメ元で「情報募集」をしてみようかと。彼女の芸名、他の出演作品など、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ともこのエントリのコメント欄までお寄せください(公開/非公開どちらでも結構です)。よろしくお願いいたしますです。
  1. 2017/06/14(水) 22:49:34|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する