眉月的雑感綴

今週末はバリボー三昧

前回、「バトルさんち関係の残りは週明け早々にも・・・・」と書きましたが、改めてポイントを整理すると、記事一本分まで持っていくには、ちょっと材料が足りない感じ。なので、ネタ不足になりそうな今週情報収集分とセットにして、日曜の定期更新に回すことにさせていただこうかと思います。・・・・ ということで、昨日から始まった男子背バレー世界選手権(世界バレー)アジア最終予選の話でも。えーと、スポーツ系の話題を取り扱う際には、文章のノリをよくするために、敬称は全面的に省略することにしているので、そこんとこよろしくです。

緒戦の台湾戦は2時間の放送枠を全部視聴することができました。3セット続けて25-19のストレート勝ちだったけど、まだ「エンジン全開」って感じではないですね。大竹はミスが多かったし、柳田のサーブも今一つ切れていなかった(というか、先月のワールドリーグが強烈な出来だったせいでそう見えるだけで、こんくらいが普通なのかもしれない)。石川はジャンプフローターでサーブを打つことが多かったですが、身体が万全でなくアタックサーブを自重してるのか、サーブインを優先させてた結果なのかは微妙なところ。

台湾戦では、センター陣のサーブが結構効果的でした。特に、解説の山本氏も指摘してましたが、山内のサーブが「下から上に打つのではなく、上から下に打てるようになった」のが大きい。李はもともと高速ジャンプフローターが打てる選手ですけど、二人とも、今後さらに「助走のスピードを上げて、より上前の打点で打つ」ことで、サーブ効果率を上げる努力をしていただきたいです。

あと、これはワールドリーグの時からですけど、藤井がほぼ正セッターとなり、若干キャッチが乱れた位置からでもセンター線を使うことが多くなったのも大きなポイントかなぁ。昨日の台湾戦はセンターの打数はそれほど多くなかったけど、何本か見せておけば、サイド攻撃やパイプの際のアタッカーの負担が減ることになるので、これは大きな武器になる。それから、所謂「二枚替え」も男子日本代表では久しぶりに見た気がする。セッター対角(オポジット)の位置には出耒田が入りましたが、彼がこの位置で問題なく機能するのであれば、センタープレイヤーを有効に使いきれることになり、これも新しい武器になりそうです。

ま、とにかく、世界バレーの成績はFIVB世界ランキングに直結することでもありますし、今日のNZ戦、明日のタイ戦、この2試合は勝ち点3で勝って、最後のオーストラリア戦までに本戦出場をほぼほぼ決めて欲しいところです。

でもって、中田久美監督・岩坂名奈主将の女子代表も、今週末はワールドグランプリの地元(仙台)開催3連戦。タイ→セルビア→ブラジルと難敵、強敵揃いではありますが、地元開催らしい、高いパフォーマンスを見せてもらいたい。

頑張れニッポン!!
  1. 2017/07/13(木) 17:30:43|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この可愛いさで十年選手

この一週間で、東京はめっきり蒸し暑くなりましたが、そんなんがどうでもよくなるほど、九州の大雨では甚大な被害が出ているようです。この大雨で命を落とされた方々の冥福をお祈りするとともに、避難生活を余儀なくされている方々が、一刻も早く通常の生活に戻れるよう、心よりお祈り申し上げます。・・・・ ということで、若干の後ろめたさを感じつつ、エロ目の日曜定期更新をば。

【バトル同門決戦シリーズ 女子ボクシング 7】。【5】【6】に続いて、今回もトップレス対決だったのは、トップレスボクシングLOVEな自分にとっては大きな収穫です。これでこのシリーズはトップレスでほぼほぼ固定かなー。コスもようやく正統派サテントランクスとなり、かなりいい感じ(ただ、赤担当の桜木優希音さんが若干ずり下ろし気味な穿き方をしてるけど、これをやると短足に見えてしまうので、この手法は推奨しない。ベルトラインの位置を下げたいのであれば、トランクスそのものを細工すべきだと、個人的には思ってます)。 

黒髪褐色肌の松井レナさんがアクセントとなり、しっかり相方さんとのコントラスト差が出てるんで、キャスティング的にはOK。プロモ動画も結構迫力あるし、件の【絶望ボクシング】を別格と考えれば、ここ何ヶ月かの女女ボクシング作品の中では、最高レベルの出来栄えなんじゃないでしょうか(商品情報段階なので、最高レベルの出来栄え「が期待できる」ではありますが)。・・・・ ちうても、自分の場合、レズ要素なしだとかなり購入のハードルが上がるので、現状の懐具合ではちょっと手が出せない。乳量の充実、複数試合収録(正確には、フィニッシュシーンが複数回見れる)、グローブのテーピングの改善、少なくともこのうちの2つぐらいは埋まって欲しいですね。

続いて、その一週間前発売の【MIX BOXING Groggy 4】。ま、作品のテイストそのものはストライクゾーンには来てるんですけど、演者さんお二人が、どちらも「ボクシングではありえない」ふくらはぎまで隠れる黒のロングブーツだったことで、コス面で「【3】から少し退化してしまった」ってな印象ですかね。ちうか、二試合分収録があるなら、片方はトップレスにしてもいいと思うんだが。

21日発売作品に戻って、格闘ゾーンJAPANさんの【首絞めフェチ&ファイトリターンズ 1】。守備範囲外の商品なんで、何も身構えずにプロモ動画を覗いてみたんですが、動画冒頭にある鈴木さとみさんの顔アップのカットを見た瞬間、心を鷲掴みにされてしましました。これは可愛いっ! で、その先を見ていくと胸の谷間もすんごくいい感じ。なのでソッコーでネットチェック。

まずは、こゆとき一番にお世話になるDMMアダルトさんへ。ブローウインドさんは、割とデビューしたてのAV女優さんを起用することが多いんで、彼女もそうなんかなぁ、なんてことを思いつつ、彼女のお名前で検索したところ、280本オーバーの出演実績があったんで、正直、かなりびっくりしました。で、Wiki攻撃に切り替えたら、彼女のAVデビューは2007年とのこと。「うわぁ、この可愛いお顔立ちで10年選手だったんや」で二度びっくり。

であれば、関連ジャンルの商品なら一般AVメーカー製のものもヒットするバトルさんちの検索でも何か引っかかってくる可能性が高い。ってことで勝負したら、【MIX BOXING Groggy 4】に出演されてますやん。ロングブーツにばかり目が行ってて、全然気づかんかった orz ・・・・

さらにバトルさんちの検索内容を追っかけていくと、彼女は、上記2本で相方だった坂下ゆあさんとのコンビで、童貞貴族レーベルの【競泳水着中毒 2】、SSS【減量ファイター蒸れムレFootbath】なんかも撮影してるんですよね(発売時期が固まってるんで、同時撮影で間違いないでしょう)。【減量ファイター…】の作品詳細欄には「この作品は二名の美女レスラーが、減量を目的としたトレーニングや闘いを通し汗をいっぱいかき、そしてブーツにこもった異臭を解き放つ作品である」なんて記載がある。リングファイト2本がロングブーツだったのは、これを撮るためってのが理由かーい! とかも思ったり(まぁ、どっちが主でどっちが従なのかはわかりませんが)。

それはそれとして、うーん、やっぱり彼女のトップレスボクサー姿は見てみたい。乳量の割に体の線が細いから、ショートトランクスは絶対に似合うはずなんですよね(彼女は wiki情報基準で身長148cmのコンパクトボディなので、市販のトランクスだと、子供用とかのものでない限り、ガバ&股下丈長になっちゃいそうですが)。でも、【MIX BOXING Groggy 4】でボクシングは一回使っちゃってることでもありますし、かなり望み薄かなー。そこがダメならレズファイト系。演技はできる女優さんだと思うんで、イーブンバランス、ドミ負け、ドミ勝ち(一見コワモテ風の熟女さんを、言葉攻め込みでヘロヘロのトロトロにする、なんてのもいいかも)、どのシナリオでもうまく仕上がるんじゃないか、って気がします。

・・・・ とまぁ、そんなことで、「若干の後ろめたさを感じつつ」とか言いながら、鈴木さとみさんショックが尾を引いて、結構な文章量になっちゃいました。でもバトルさんち関係で書きたいことはまだあるんで、そこいらは週明け早々にも処理する方向で進めたいと思います。
  1. 2017/07/09(日) 19:58:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びっくりマークが3つつくぐらい

今日は都議会議員選挙の投票日。自分が住んでいる大田区は定数8で、過去の選挙結果や各メディアの情勢分析等々から察するに、都民ファーストの会2、自民1、公明2、共産1、ここまでが当確ライン、でいいと思う。自民候補は、票の割れ方次第では3人全員当選の目もないではないけど、下手をすると1議席のみに終わってしまう可能性も否定できない(さすがに全滅まではないと思う)。とりあえず自民は2議席獲得で考えるとして、最後の議席をどこが持っていくのか。個人的には、共産の2議席目、民進党候補を抑えて、ここに日本維新の会の候補に滑り込んで欲しいと思ってるんだけど、うーんちょっと厳しいかなー。・・・・ と、お堅い話題は早々に切り上げて、いつものエロ目のお話へ。

ようやく開いたバトルさんの今月の発売スケジュールを見ると、どうやら「女女ボクシング祭り」は終了したようで、今月は【バトル同門決戦 7】の1本だけみたいですね。このシリーズは、【5】【6】と直近作2本がトップレス仕様になっていて、自分の中では、次の一本が「今後のシリーズ作がほぼほぼトップレス基本路線に固まるかどうかの分水嶺」ではなかろうか、みたいな感覚がある。なので、【7】も前作、前々作に続いてトップレスになるのか、それともブラありに戻ってしまうのか、個人的にはそこそこ大きな注目ポイントです。

あと、4月最終週発売の【4】まで、あまり間を空けずにリリースされていた【レズ女子ボクシングコロシアム】のシリーズ次作が、今月も発売予定ナシなのが、ちょっと気になるかなぁ。とは言うものの、このシリーズの過去作は、若干レズエロ要素不足、加えて乳力不足な感があるので、レズエロ要素と乳充実度を盛り、バトルHP上のジャンルも「レズボクシング」にカテゴライズした上で新装開店。2ヶ月から3ヶ月に一本のペースでモノが出てくる。・・・・ と、こんな感じになるのがベストだと思うし、そうなって欲しいところではあります。

7月の発売予定に話を戻して。ボクシングのMIX版では【Mix Boxing Groggy】の4作目が予定に入ってますね。個人的には、同じMIXボクシングでも、行為エロ含みの商品(SSS【Mixed Boxing 〇〇選手に挑戦!! 】シリーズみたいなん)がもちっと出てきてもよさそうなもんだと思ってるんですけど、まぁグリグリの男勝ちもMIXボクシング商品の正統な形態の一つであることは間違いないですし、まったくもって無問題。

ボクシング系以外では、すでに商品情報ページが出来上がってる【熟女相撲】。主演・三峰かずこさんのお相手二人は、FIGHING MOVIESレーベル作品でオモウラ+技集にも出演されてるので、ここと同時撮影でしょうけど、レーベル跨ぎ(【熟女相撲】はバトルレーベル)ってことは、FIGHING MOVIESさんも、純粋にブローウインド傘下なんですかね。あとは、2年ぶりのシリーズ2作目となる【人妻プロレスファイト 2】が、どんくらいエロい仕上がりになってるか。シリーズ1作目から三週連続リリース予定になってる【エクストリームエクストラマッチ】も、連発なだけに、脱ぎ度合いレズ要素度合次第がどんくらいなのかが、ちょろっと気になります。

最後に小ネタをもう一つ。下書き中にバトルさんちの「エロボクシング」カテゴリを追ったら、【ドM現役キックボクサー】なんてのが引っかかってきた。DMMアダルトさんでプロモ動画を確認した限りでは、キックボクシング要素は若干の練習シーンだけで、実戦シーン(スパーも)はないみたいなんで、作品そのものは割とどうでもいいんですが、ジャケ前面写真の立ち絵は、すんごくいい感じ。ピンク系で統一されたコス全体もそうですし、とりわけショートトランクス(キックパンツ?)と足首サポーターのコンビはたまらない。

打撃系作品は作るの難しいけど、小道具類に関しては揃えるだけで済む話。是非ともブローウインドさんには、こんなトランクスと足首サポーターを使ったて女女トップレスキックボクシング作品を撮ってもらいたいっ!!! ・・・・ と、びっくりマークが3つついちゃうぐらいお願いしておきたいと思います。
  1. 2017/07/02(日) 19:41:46|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ数ヶ月で一番購入に近い作品ですわ

なぜかこのタイミングで「人狼動画ブーム」が来てしまい、ここ何日か、ニコニコ動画に入り浸ってます。漁ってるのはもっぱら「12B」配役村のものなんですが、この「村5占霊狩狂・狼2・狐/(村陣営の役職欠けアリ)」という配分は、各陣営の勝率、吊り数の余裕、という面で非常にバランスがいいので、実に見ていて楽しい。へ゜ニスズメさんの「ゆっくりできない人狼」シリーズは何度も見返してしまいます(そして、何度見返してもリアルスピードでは議論についていけない。なので、テキストに書き起こして、じっくり読み込む、なんてことをやってます)。所謂「ペニスズメチルドレン」と呼ばれる方々の動画も徐々に増えてきて、裾野が広がっていくのも嬉しいです。

・・・・ ということで、エロ目の話題へ。タイミング的に今週末には来月7月の発売スケジュールがアップになるだろうと思ってたんですが、残念ながら、そちらは動きがありませんでした。

今月の予定が出た時点で「どういう仕様になるのか注目している」とした FIGHTING MOVIESさんの【女子相撲ファイティング 1】は、全面的にエロ系女子相撲の基本コスである「裸体にジカまわし」で、これで自分の願望通り、「【女子ボクシングファイティング】シリーズのトップレス化」への可能性が見えた形にはなりました。

ただ、つい何日か前に、某洋物エロ動画サイトに【女子ボクシングファイティング】シリーズ過去作の動画が落ちてたので見てみたんですが、どうもこう、「作りが粗い」と言うか、攻めるにしても受けるにしても、ボクサーの動きからはほど遠いし、KOとなるダウンシーンそのもの、および、そこに至るまでの過程が今一つ魅力的に仕上がってない。これだと、仮にトップレス化が実現したとしても、そっちの部分が改善されない限り、銭を打ちたくはならんだろうなぁ。うーん、なんか残念。

もう一つ、プリンシプルさんの【レズレイプドミネーションプロレス 1 セクシーアイドルvsセクシー女優】(今月26日発売)にも触れておきたい。たまたまバトルさんちで「レズレイプ」で検索したときに引っかかってきたので、「あ、そんなん出るんだ」ってわかったんですが、後で調べたら、トップページの2スクロールページ目ぐらいに小さいバナーが出てるだけ。発売予定のページには記載がないし、多分この検索で引っかかってこなかったら、当分の間は存在を知らないままだったんじゃないかな。・・・・ ってな話はまぁいいとして。

プリンシプルさんの既刊商品の中で一番自分好みだった【セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル】シリーズが、キャストの一人をエロおねぃさんにして大人エロ成分をアップさせ、ドミ色を強めにしたことで、さらにもう一段、自分の好みに近づいてきた、って感じでしょうか。加えて、エロおねぃさん役の樹林れもんさんが、スレンダーだけどしっかり乳量はあるメリハリの効いたボディで、べしゃり込みで演技力の高い、お気に入りの女優さんなので、激しく食指が動くんですよね。

今回は、「ヤラレ役の相方さんのルックスが今一つ自分好みのタイプでない + やっぱも少し乳量が欲しいなぁ」という理由でスルーすることになりそうだけど、プリンシプル(ピンクカフェオレ)さんが、エロおねぃさん型の女優さんを起用したことの意味は大きいと思うし、このシリーズは、このテイストを維持したまま【2】以降に繋がっていって欲しい。でもって、近い将来に、プロモ動画を見た段階で「これは即買いじゃぁぁぁ!」と叫べるような作品が生まれることを、切に望むものであります。
  1. 2017/06/25(日) 20:30:51|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぜひシリーズ続編を

バトルさんちの最新週間ランキング(19日更新分)、2位の春原未来さん主演の大作【ファイトオアノット】、3位のクラQさんの女相撲を除くと、残りの1・4・5位が全部女女ボクシングという状況。このランキングが本当に売上と直結してるのか、って問題もあるし、確かにここ一、二週は、あんまり力の入ったプロスタイル作品がないタイミングではあるけども、ボクシング系作品ってホンマにそんだけ売れてるんでしょうか。まぁ、【絶望女子ボクシング】はマニアの自分の目から見てもかなりの衝撃作ですし、トップページの一番目立つ位置にデカバナーがあるくらい「推し」の入った作品のようですから、優勝してもおかしくはないと思いますけどね。

・・・・ ってことで、週も半ばを過ぎて、バトルさんちに、すでにブログ記事を一本組めるぐらいの新作情報が落ちてきてはいるんですけど、それは日曜の「定期更新」で扱うとして、とにかく「【絶望女子ボクシング】についてじっくり語る回」を消化していくことにしましょう。まずは出演者お二人の衣装とカラーコーディネイトの話。

コス面全体で一番「これはどうなの?」と思ったのが、YUNIさんのトランクス。【MIX BOXING Groggy 2】で YUEさんが穿いてるのと同じものだと思うんですが、それっぽいブラと組み合わせるならまだわからないでもないけど、トップレスで使っちゃいけないんじゃないかなー。つか、この股下丈の長さ(とベルトライン幅の狭さ)は「ステテコ」ですよ。

お試しで、比較画像を。【絶望女子】の商品情報ページ、特設ページ、いずれにも良さげな写真が見当たらなかったので、【MIX BOXING Groggy 2】の方から素材を拝借します。商品情報ページのサンプル画像、下段一番左の写真を200%に拡大して、背景を若干カットしたものがコレですが、股下丈が長すぎてどうにもオシャレぢゃない。ということで、隣に写ってる野郎のトランクスよりも少し股下丈が短くなるぐらい程度まで、フォトショエレメンツ君を使ってこの画像を加工すると、こんなんになります。さらに、比較しやすいように、オリジナルと加工済みの画像を並べたものも作ってみたり。うん、やっぱりこのぐらいが妥当なんじゃないのかな。特に脱ぎエロが大きなウリであるトップレスボクシングは、最低でもこのくらい太腿が見えないといけないと思います。

相方・高城アミナさんの、ヘソがチラ見えする白のショートパンツは間違いではないと思うけど、どうせなら、白単色のサテントランクスにして欲しかったなぁ。ベース生地の素材は、SSS女子専用パンツのようなキラ感のある白でもいいし、哀れなヤラレっぽく、下に穿いてるショーツが透けて見えるぐらいペラッペラに薄手なものでもいい。参考例を挙げるなら、2015年に煩悩寺さんから出た【GODDESS~女神 キックボクサーゆり菜すずが煩悩寺に挑戦!】で演者さんが穿いてるトランクス(ベルトラインを白に加工した画像が、当ブログ同年10月18日、翌19日付エントリに添付してあります)、マウスピースさんの【ベリーパンチ】シリーズに何度か出てきた「ベルトラインが薄いピンクの白地トランクス」なんかも全然アリですね。

そこいらを踏まえて、【絶望女子】の演者さんお二人のコスを自分がカラーコーデするなら、まずグローブを赤青ではなく黒赤にすることから入ります。で、黒グローブのYUNIさんは、強者キャラを際立たせるために、トランクスとシューズを黒系統で統一(トランクスはゴールド・シルバーなどの光物系でもいい)。赤グローブ高城さんのトランクスは白ベースのままで、シューズも白ベース(白単色のものがあればベスト)で揃える。こうですねぃ。

もうすでにかなりの文章量になっちゃってますが、記事一本で消化すべく、もちっと頑張る。後半は、作品の全体構成についてです。

作品紹介欄には、「YUNIが闘いを終わらせても良いと判断するまで続けられる特殊なルールで…」とあって、この設定は非常に魅力的なんですが、約2分と結構長いプロモ動画は、YUNIさんが高城さんにパンチを浴びせるシーン(と相変わらずマウスピースに焦点を当てたカット)ばかりが続き、「高城さんが失神しようが完全に戦意喪失しようが試合は続く」という部分が今一つ伝わってこない。例えば、(ダウン「する」ではなく)「ダウン「している」高城さんの様子を通じて、高城さんが極限まで衰弱していくさまを垣間見させるとか、半泣きでキャンバスに腰を落とし、「もう許してください」と懇願する高城さんを無理やり立たせる、みたいなカットをちらっとだけ見せるとか、いろいろ手はあると思うんですけどね。

あと、プロモ動画がこの内容だとすると、収録時間60分を持たせるのは、ちょい厳しい(変化がなさすぎる)って気がしないでもない、ってことで、【怪物 THE MONSTER】で高城さんと一緒にヤラレ役で出てた朝丘みなみさんも【絶望女子】に引っ張ってきて、「YUNI×朝丘」も一緒に収録する手もあったんでじゃないか、とも考えたんですよね。2パターンあれば、ブラありとトップレスの両方を見せられるし、例えば片方で流血演出をやってみるとか、フィニッシュの構図を少し変えてみるとか、一本の「女女ドミボクシング作品」の中にいろいろバリエーショを組み込めますから。・・・・ ただ、女優さん三名一緒で撮影ってのは、ブローウインド作品制作としては非常なレアケースだろうし、この手をシリーズ1作目でやっちゃうと、続編が作りにくくなるんじゃないか、とも思える。なので、この「2パターンどうよ」作戦は撤収しときます。

・・・・ ということで、「ここはこうした方が良かったんじゃないか」「こんな手もあったのでは?」みたいな話を長々としてきましたけど、女女ドミボクシングが商品化されたこと(しかも全面的にトップレスで)は、マニアの身にしてみれば「いきなり明るい未来が見えた」とでも表現できそうなぐらい、大変にめでたい出来事なのは間違いない。なので、「【1】だけで後が続かない」ではなく、数ヶ月レベルで間が空いてもいいから、是非とも【2】の制作に向けて動いたいただきたいと思います。
  1. 2017/06/22(木) 20:39:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する